DXR 主要諸元はこちら
DXR250は固定アームで、本体重量1,620kgの軽量設計。それにも関わらず、作業
現場では安定しており、力強く作動します。排土板は左右で上下前後に伸縮し、最適の
押土性能を有し、マシン本体をサポートする機能にもなります。
DXR310とDXR140のアウトリガーは個別に制御でき、下げるなどの操作が簡単にできます。これにより、平らでない床や階段の上に、または壁に直面していても、安定して配置することができます。アウトリガーを折り畳むと動きやすくなり、トラックへの積み込みも簡単。また、下部履帯が広がるので、平らでない面への運搬がさらに容易になります。
DXR310                     DXR250                   DXR140              
良好な視界

 車高が低く、作業時にオペレ―ターは容易に視界を確保できます。これにより、高い作業効率と安全性を確保できます。また、低重心により安定性も向上しました。
革新的なデザイン

 この製品は、細部にまでハスクバーナのデザインコンセプトが息づいています。熟慮された機能的なデザインと革新的な技術で、操作は非常に簡単です。素早く運転位置につけ、即座に仕事が始められます。
さまざまな用途に対応する解体ロボット

ハスクバーナDXRは、解体作業の自由度を広げました。オペレーターは多様な解体
方法を自由に選択できます。
それにより、作業の効率性と利益への貢献がもたらされるようになりました。
コンパクトで快適なデザインで、広い作業範囲が得られ、屋内外での解体作業と
軽掘削作業が可能となります。
もちろん、装置産業での重作業でも同様に高い効率性が維持されます。DXRはほと
んどの解体作業に適していますが、特にパイプ撤去、中庭、階段吹抜部、屋上、
バルコニー、鋼炉内壁等の解体に適しています。

3機種の DXRは、強さと機動性にあふれ、あらゆる作業環境に適した製品です。

電動小型遠隔解体ロボット『DXR』
事業内容へ